2012年08月31日

物憂げな君

20120831_01.jpg

 今日はお友達の所にお嫁に行った猫のお話。

 前回のBlogで我が家には野良猫野良犬が沢山やってくる(捨てていく人も…残念ながらいらっしゃいます…)ので、可能な限り引き取ったり、里親捜しをしたりしています。
 
 今日の写真のネコは、仔猫の頃に我が家に迷い込んで来ました。
 ものすごく美麗な仔猫で、毛色や毛の模様はアメリカンショートヘアのようでした。

 しかしその時にはすでに我が家には、ジロウ様(キジトラ6歳位)、チャーチャ様(チャトラ5〜6歳位)がいたため、我が家でお世話をしつつ里親を探しをする事になりました。

 子育て経験など全くないはずのジロウ様は何故か、仔猫に自分のベッドを譲り、じゃれつかれても怒る事もなく(しぶしぶながら)相手をしてやっていました。
 一方で、普段大人しく人なつっこいチャーチャ様は、仔猫にジェラシーを燃やしたのか、誰が見ても分かる「毛嫌い状態」でした。
 それでも決して仔猫を攻撃したりいじめたり、と言う事はしませんでした。
 
 二匹ともオス猫なのにえらいなあと感心したものです。

 幸いな事に、この仔猫は高校時代からの親友の家にお嫁に行くことになりました。
 貰われていった家でも大変可愛がられていたようで、今も元気に暮らしています。

 当時はあんなに小さな仔猫だったのに、今では写真のように憂いを帯びた大人なにゃんこに成長しておりました。

 名前付けがシンプルな我が家と違い(ジロウは当時、タロウという犬を飼っていた流れでジロウに、チャーチャは茶色いからチャーチャと名付けられたという…)、仔猫は友人の大好きな漫画

黒ハート「快感フレーズ」

 のヒロインの名前をもらって「愛音(あいね)」と名付けられました。

 タロウジロウに比べて、なんと可憐な名前でしょう…!

 愛音は今日も、お気に入りの米びつの上でスヤスヤと眠っているそうです。
 愛音なのに、ピアノじゃなくて米びつ…。

 想像するとちょっと面白いです。
 ともあれ、愛音が幸せそうで本当に良かったです。


 最後に、
 どんな理由があっても、ペットを捨てたりしてはいけません。
 ペットは家族の一員です。
 最後まで責任を持って欲しい物です。
 どうしてもやむない理由がある時は、里親を捜すとか、それもどうしてもだめな時は、保健所に相談して下さい。
 無責任な手段でペットを不幸にしたり、周りの人に迷惑をかけないよう、可哀想な野良達が増えないよう、願っております。
posted by 糸宇 at 19:11 | Comment(2) | ネコとイヌと動植物たち
  First MoonFirst Moon Blogへのコメント等についてFirst Moon

  First MoonBlogに遊びに来て下さり、ありがとうございます。
   Blog記事へのコメント、とっても嬉しいです♪

  ※フリー素材について質問、相談等がございましたら、
   【幻想素材サイトFirst Moon】の、【お約束ごと】【FAQ】
   お読みの上、ゲストブック/レスありをご利用下さい。
   素材のリクエストは、リクエスト掲示板にお寄せ下さいませ。

  ※本Blog、Blogの記事と直接関係のない話題はご遠慮下さい。
   マナーに欠けたコメント、問題あると判断した書き込み、
   スパムと思われる物は、予告無く削除する場合があります。

  ※現在、First Moon Blogでは相互リンクはお受けしておりません。

  ※First Moon Blogに掲載している全ての記事、画像の、無断転載、
   再配布を禁止致します。(本Blogの画像は素材ではありません)

   Blog内に使用したい画像、記事がございましたら連絡下さい。
  
・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・


−First Moon Blog−
Copyright (c) Itoh ( First Moon ), All Right Reserved
当Blogのすべての画像・構成・文章の無断引用・転用を禁じます。
Web Master:糸宇 睦月