2009年07月26日

貧乏くさいけど、お得な気分になれます。

20090726_1.jpg
黒ハートあぶらとり紙専門店 ひよりのあぶらとり紙には、香り付きのモノがあります。
グレープフルーツの香りや、シャボン玉の香りなど、どれもとってもいい匂い。あぶらとり紙自体も柔らかく、皮脂をソフトに、でもしっかり吸い取ってくれて、使い心地も最高!
 でも、ちょっとお高めなので、使うのがもったいない気が…。

 そこで私が編み出した、貧乏くさいけどちょっとお得な気分になれる「香り付きあぶらとり紙を楽しむ方法」は、【ひより】で販売しているあぶらとり紙のケースに、ひよりの香り付きあぶらとり紙と、香り付きでないあぶらとり紙を重ねて収納しておいて使う、と言う方法でした。

 と、言うか、香り付きのを使うのがもったいなくて、でも香りは楽しみたいから、手元にまだ残っているオルビスのあぶらとり紙を手前にセットして使っていたら、偶然発見しただけなんですが…。
(サイズが同じなで、ケースにもピッタリ合うのです。
 それにしても、毎度使う度に思うのですが、ひよりのあぶらとり紙ケース、メチャクチャ可愛いです…。鏡付きで735円は安い…!)

20090726_2.jpg
 このように、あぶらとり紙のケースの奥側に「香り付きあぶらとり紙」を。
 手前に香り付きでないあぶらとり紙をセットしておくと、香りが「香り付きでないあぶらとり紙」にも移るんですね。
 だから、香り付きでない方のあぶらとり紙も、使う度にほんのり良い香りがするように。
 貧乏くさいけど、何だか得した気分になれるのでした。
 使い方としては、ちょっと邪道かもしれませんが…。
 ちなみに、よーじやのあぶらとり紙も、サイズは殆ど同じ(よーじやさんのあぶらとり紙の方が少しだけ小さい)なので、あぶらとり紙ケースにセット出来ます。

黒ハートあぶらとり紙専門店 ひより
黒ハートあぶらとり紙のよーじや
黒ハートオルビス
 この三社のあぶらとり紙は、サイズが殆ど同じ大判サイズで、お値段と使い心地を比べたら甲乙付けがたい感じです。悩ましい…!
 個人的には中でも、【ひより】のあぶらとり紙の使い心地やデザイン、肌に優しい所が好きなのでリピする予定ですが、手持ちにまだオルビスのあぶらとり紙も残っているので、それを使い終わるまでは、この「貧乏くさいけど、ちょっとお得」な使い方でいこうかと。

 ところでよく考えたら、何処のあぶらとり紙でも、紙製であれば、香りの強い物と一緒に、密閉した所(ポーチとか名刺入れとか)に置いておけば、香り付きになるんじゃないかと気が付きました。
 フィルムタイプの場合は、香りが付かないかもしれませんが。
posted by 糸宇 at 23:58 | Comment(0) | コスメ/あぶらとり紙
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
  First MoonFirst Moon Blogへのコメント等についてFirst Moon

  First MoonBlogに遊びに来て下さり、ありがとうございます。
   Blog記事へのコメント、とっても嬉しいです♪

  ※フリー素材について質問、相談等がございましたら、
   【幻想素材サイトFirst Moon】の、【お約束ごと】【FAQ】
   お読みの上、ゲストブック/レスありをご利用下さい。
   素材のリクエストは、リクエスト掲示板にお寄せ下さいませ。

  ※本Blog、Blogの記事と直接関係のない話題はご遠慮下さい。
   マナーに欠けたコメント、問題あると判断した書き込み、
   スパムと思われる物は、予告無く削除する場合があります。

  ※現在、First Moon Blogでは相互リンクはお受けしておりません。

  ※First Moon Blogに掲載している全ての記事、画像の、無断転載、
   再配布を禁止致します。(本Blogの画像は素材ではありません)

   Blog内に使用したい画像、記事がございましたら連絡下さい。
  
・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・


−First Moon Blog−
Copyright (c) Itoh ( First Moon ), All Right Reserved
当Blogのすべての画像・構成・文章の無断引用・転用を禁じます。
Web Master:糸宇 睦月