2010年05月13日

映画版「ひぐらしのなく頃に」

20100516_1.jpg

 イラストは、少し前にお世話になっている方のBlog用に描いたものです。
 実はひぐらしのキャラを描くのも、これが初めてでした。

 「ひぐらしのなく頃に」は、元々はゲーム作品なのですが、今日のBlogの内容は、映画版についてです。

 GEOで旧作品が80円で借りられるキャンペーンをやっていたので、土日に見てみようと借りてきたのが実写版デスノートと、実写版ひぐらしのなく頃に、でした。

 PC版のひぐらしのなく頃には、過去に全編クリア済みだったのですが、小説版やマンガ版、アニメ版は読んだ事、見た事がなく、たまたまGEOで偶然、実写の映画版を見付けたので、ちょっと気になって借りてみたのです。

 どうやらPC版の一番最初の話を映画版にしたようで、内容はPC版に沿ったものでした。

 以下、ネタバレになるので、「続きを読む」の所に書きますね。

  映画版ひぐらしが好きな方がいらっしゃったらごめんなさい。
 
 ネタバレも含むので、感想については「反転」してお読み下さい。
 ※映画版を見る予定があって、ネタバレを見たくないと言う方は、反転しないで下さいね。

 個人的な感想としては、役者さんの印象や演技がイマイチ…。
 元々のキャライメージとはだいぶ違う外見をされている方々ばかりで、台詞や演技にも違和感がありました。

 富竹氏なんて、あまりに華奢で、しかもなんだか「黒い」感じがして、良くない方向でビックリ!

 部活のシーンなどの、明るく楽しいシーンは全くありませんでしたし、魅音やレナ、さと子の独特な台詞回しも全くありませんでした。(この辺りは実写と言うことで賛否両論分かれそうですが)
 魅音の「おじさん」や、レナの「はぅ〜」と言った発言がなかったのは実写映画としては納得なのですが、さと子もお嬢様口調じゃなくて、なんだかツンデレキャラっぽいしゃべりで…。

 展開にメリハリがない事もあり、見終わった頃には変な頭痛が…。

 
 PC版のひぐらしはとても面白かっただけに、個人的な感想としましては、ちょっと残念な印象でした。

 小説やマンガ、ゲームの実写化と言うのは、難しいのかもしれませんね。
 その中で、デスノートの実写版はすごく良く出来ていると思います。
posted by 糸宇 at 22:58 | Comment(0) | 映画/映像関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
  First MoonFirst Moon Blogへのコメント等についてFirst Moon

  First MoonBlogに遊びに来て下さり、ありがとうございます。
   Blog記事へのコメント、とっても嬉しいです♪

  ※フリー素材について質問、相談等がございましたら、
   【幻想素材サイトFirst Moon】の、【お約束ごと】【FAQ】
   お読みの上、ゲストブック/レスありをご利用下さい。
   素材のリクエストは、リクエスト掲示板にお寄せ下さいませ。

  ※本Blog、Blogの記事と直接関係のない話題はご遠慮下さい。
   マナーに欠けたコメント、問題あると判断した書き込み、
   スパムと思われる物は、予告無く削除する場合があります。

  ※現在、First Moon Blogでは相互リンクはお受けしておりません。

  ※First Moon Blogに掲載している全ての記事、画像の、無断転載、
   再配布を禁止致します。(本Blogの画像は素材ではありません)

   Blog内に使用したい画像、記事がございましたら連絡下さい。
  
・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・


−First Moon Blog−
Copyright (c) Itoh ( First Moon ), All Right Reserved
当Blogのすべての画像・構成・文章の無断引用・転用を禁じます。
Web Master:糸宇 睦月